全てが世界一!ドバイの旅

ドバイの観光案内板
 ここからドバイ観光のリンクです。画面か左のCLICK
から観覧してください。
 
   ブルジュ・ハリファは、アラブ首長国連邦ドバイにある、世界一高い超高層ビルである。日本語ではこのほか、ブルジ・ハリーファ、ブルジュ・カリファとも表記される。建設の段階では、ブルジュ・ドバイ の名であった。 全高828.0 m、軒高636.0 m206階建て ワイルド・ワディ・ウォーター・パークは、アラブ首長国連邦、ドバイにある屋外ウォーターパーク。ブルジュ・アル・アラブやジュメイラ・ビーチ・ホテルの隣にあるジュメイラ地区に位置しす。
バイ・クリークは、アラブ首長国連邦のドバイにある入り江であり、港湾として使われることでドバイの町が生まれるもととなった。クリークの北側はディラ、南側はバール・ドバイという旧市街になっている。 38回世界遺産委員会において、登録物件の候補となったが、不登録が勧告された ジュメイラ・モスクはアラブ首長国連邦のドバイのジュメイラ地区にあるモスク。 ファーティマ朝時代の様式で建てられたイスラム教の礼拝堂で、約1200人が同時に礼拝できる規模である。1976年に建設が始められ、
 ドバイ観光Aコース


ドバイ観光Bコース
    動画の世界

ドバイに来たなら、絶対に観て欲しいのが、世界一の規模を誇るドバイの噴水ショー・ドバイファウンテン!ドバイモール、バージュハリファ、スーク・アル・バハール、ジ・アドレスホテルが囲むように大きな人工の池があり、そこで音と光と水のファンタジックでダイナミックな噴水(ファウンテン)のショーが開催されている。噴水の全体の横幅は、275m 吹き上げる噴水の水の高さは最大で150m 50階建の高さにまであがる迫力の噴水を肌で感じる

 
    迫力満点の砂丘ドライブに、ラクダの試乗!その他にも砂漠でのアラビアンコーヒーやシーシャ(水タバコ)など、ドバイならではの体験が盛りだくさんのアクティビティ。広大な砂漠を駆け抜ける特別な体験をお見逃しなく 

砂漠の国UAEに来たからには、絶対に参加したい砂漠ツアー! 360度見渡す限りの砂漠を見るだけで貴重ですが、砂丘を4WD車で豪快にドライブするツアーなら、絶叫マシンよりもスリリングな体験ができます。一番人気なのが、午後に出発して砂漠をドライブした後、砂漠のキャンプでバーベキューやアラビアンナイトを楽しむデザートサファリ。ツアー催行会社によって含まれる内容が異なりますので、よ〜くチェックしてください。砂漠の朝の静寂を楽しむツアーやサンドボードにチャレンジするツアーなど、お好みの砂漠ツアーをお楽しみください!ドバイから車(4WD)で走ること約1時間。オマーンを少し通過し、砂漠に囲まれた村「ハッタ」を訪れる1日観光!ドバイの近代都市とは違った、清涼な気候と静かな山々が連なる美しい自然のなか「砂漠の村」をたっぷりと楽しみます。

  ドバイの砂漠
ハッタ・サファリ
   ドバイはアラブ首長国連邦にある世界一ゴージャスな街。まるで未来都市のような最先端の施設や超高層ビル群が乾いた砂漠に蜃気楼のごとく忽然と現れる、最もモダンでスタイリッシュな都市です。どこか日本のバブル時代に迷い込んだと錯覚させるような雰囲気がドバイにはありますね。アラブと言えば石油のイメージが先行しますが、金融、流通そして観光の大きなハブシティとして開発が進み、現在ドバイは世界でも有数の観光都市となっています
ドバイの街並みを歩きました。是非!この写真を観覧下さい
    バスタキア地区伝統的な建築や装飾が施された古い街並が残る歴史保存地区。小さい路地を入った先には、レストランやカフェ、ギャラリーとして使われている建物もあるので、ひと休みにも活用できる。


美しい白砂ビーチが広がるマリンパーク。ビーチに面して芝生や木々が配され、涼しげな雰囲気がリゾート感を演出している。涼を求めて訪れる地元客の姿も多く、シャワーやトイレなどが完備されているので、旅行客でもひとときのリゾートを満喫できる

 パスタキヤ街並みバイビーチ
   

アラブ首長国連邦ドバイにある世界最高峰の超高層ビル(2016年時点)。その高さは地上828mで世界一。最上階は160階で地上636mであるが、展望台のある「AT THE TOP」は124階の地上442mとビルの高さの半分ほどしかありません。(2014年に、更に上層階(地上555m)に「AT THE TOP SKY」と呼ばれる展望ラウンジがオープンしました。ちなみに、東京スカイツリー完成後は第1展望台が450mとなり、展望台の高さとしては「AT THE TOP」を上回ります。 「ブルジュ・ハリーファ」、「ブルジュ・カリファ」など読み方が複数あります。「ブルジュ」は日本語でタワー()という意味です。

 


 
   

2013年初頭において、住民の実に83%が外国人である。殊に世界で最も美しいインド人の町と言われるほどにインド人が多く、全人口のうち約75%を、インド人を主とする南アジアからの出稼ぎ労働者が占めている。もはやアラブの都市にあらずと言われる所以である。 なかでも建設業を主力として、社会のあらゆる職種にインド人の姿を見ることができる また、フィリピン人も多く、多くがサービス業や家政婦・看護師業などに従事している。その他欧米人やロシア人なども多く、在留邦人は2,603人(2013年)となっている

 
   

サウジアラビアと違ってUAEでは外国人女性はアバヤを着る必要はありませんが、過度な肌の露出は避けた方がいいでしょう。露出が激しいと周りの男性からじろじろ見られて不快な思いをすることにもなります。

観光でモスクに入る時、女性は必ず頭を覆うスカーフと身体のラインが隠せるコートやジャケットが必要です。男性もノースリーブや半ズボンは避けましょう。服装が規定に満たないとモスクには入れてもらえません

観光地や町中で写真撮影をする時、周りに現地の方がいる時は気をつけましょう。勝手に写真を撮られることを、特に女性は嫌います。もし撮影したければひと言声をかけて許可をもらうなど配慮してください。
 
  ドバイというと、近代的なイメージが最初に思い浮かぶかもしれませんが、それはここ最近開発されたごく一部の新しいドバイのこと。アラビア湾の入り口に位置するドバイは、元来アラビアンナイトの世界を彷彿させるようなエキゾチックな場所なのです。
今回はドバイの人々の生活に長い間、密着していた伝統的なスークをご紹介します。スークとは、小さな店が軒を連ねるアラブの伝統的な市場のこと。「何でも取り揃えています!」というタイプのスークは珍しく、金の売買ならゴールドスーク、だとか香辛料ならスパイススークというように販売するジャンルごとの専門スークが一般的です。ドバイには、3つの大きなスークと魚、野菜、肉などを取り扱うスークがいくつか存在します。ここでは、代表的な「ゴールドスーク」、「スパイススーク」、「オールドスーク」をご紹介します
 
ドバイ三昧の案内
 
 
 

未来都市ドバイを、歩き、探索、観る

アラビア湾の入口に横たわるこの国は、アブダビ、ドバイ、シャルジャ、アジマン、ウム・アル・カイワイン、フジャイラ、ラス・アル・ハイマという7つの首長国が集まりひとつの国を形成。最も安心して滞在できるアラブの国として知られる。連邦の首都はアブダビ。高層ビルに埋もれたようにして建つモスクに、その歴史を感じる。ドバイは世界でも有数のリゾート地だ。一方ドバイから北の首長国は、のんびりとした雰囲気。内陸部の広野を抜けたあとにそびえるハジャル山地と、その向こう側のオマーン湾に連なる美しい東海岸は見逃せない。


国名 アラブ首長アラブ首長国連邦 United Arab Emirates国連邦   アラブ首長国連邦 United Arab Emirates
国旗 7つの首長国の国旗の色をすべて含んでいる。緑は豊かな国土を、白は清浄を、黒は過去の圧政を、赤は聖戦で流された尊い血の犠牲を表す。
国歌 Ishy Bilady(Long Live my Nation)
面積 約8万3600km2で北海道とほぼ同じ
人口 約945万人(2014年
首都 アブダビ Abu Dhabiアブダビ Abu Dhabi
政体 7首長国による連邦制。各首長国は絶対君主制。
民族構成 アラブ首長国人19%、その他の国のアラブ人、イラン人23%、南アジア人50%、その他8%
宗教 イスラム教96%(うちスンニー派80%、シーア派16%)、その他4%






アラブ首長国の1つ